ヨガの効果ってなんでしょう。

柔軟性の向上や筋力の強化、痩身効果、心の安定、腰痛・肩こりの解消、冷えや便秘の改善、美肌、若返り、基礎代謝の向上、身体のラインの維持、ストレスの軽減 等々。
各々求めるものは違えど、ヨガにはきっとこういった効果があるのだろうと想像している人は多いことでしょう。そしてそれは確かに本当です。

でも残念なのは、ヨガとはヨガのアーサナ(ポーズをとる練習)だけが『ヨガ』であると思っている人がほとんどだということです。物理的、肉体的な面にしか目がいかず、ヨガの醍醐味である心と身体と魂の3つを整え、一体化させていく力、そしてそこからもたらされる偉大な効果について知る人はまだそう多くありません。しかしそれこそがヨガの持つ魅力であり、ジムの筋トレとは全く違う次元のものであり、4500年前からインドの修行僧たちによって受け継がれてきた崇高な叡智なのです。

健康で幸せな生き方を学ぶための、アーサナ(ポーズ)、プラーナヤマ(呼吸法)、瞑想、そしてヨガ哲学、それらが組み合わさったホリスティックな科学的アプローチなのです。

私は長い時間をかけて、少しずつ何か目には見えないものを学びながらヨガの旅を続けてきました。木のポーズというのがヨガのアーサナにありますが、私はいつしか、大樹が母なる大地に根をおろし、燦々と輝く太陽に向かって枝葉を広げ、風が吹けばそよそよと葉をなびかせ、嵐が来ればじっと雷雨に打たれながら、静かに成長を続ける姿に、自分の在り方を重ねるようになっていきました。木はどんな時でも、ただ全てを受け入れてそこに「在る」。私は人生の嵐に見舞われて道を断たれてしまった時に、決して折れることも倒れることもない、凛としなやかな大木のそのイメージに、どれだけ救われてきたことでしょう。
瞑想や呼吸法は、心の嵐をしずめ、道を示し照らしてくれました。そしてアーサナは、欠かせない最強のペインキラーとなって心の痛みを取り除き、毎回、ドロドロの負の沼から私を引っ張り上げてくれました。そして、目の前にある問題にしっかり向き合えるだけのエネルギーで満たしてくれたのです。

ヨガは永遠である。ヨガは常緑樹のように褪せることなく、そして時間を超越したものである。そこで我々は真の自己に出会うことができる。

ヨガと瞑想と呼吸法は古代インダス文明より始まって、長い時の洗礼を経て現代に受け継がれてきた、生き方を学ぶ秘法です。個々の人生にまで強いインパクトを与えるその深い学びこそがヨガの真の魅力であると思い、私はその学びを更に深めようと日々トレーニングを続けています。

少しでも多くの人がこの偉大な秘法に気づき、自分の内側を探る旅、インワードジャーニーへと導かれますように。そして勇気を持って、その第一歩を自らが踏み出されますように。ヨギーとして軽やかに生きる今に感謝をしつつ、私はそう願ってやみません。