「ヨガをすると肩こりがさらに痛く悪化してしまった」

という声をききました。

本当にそうでしょうか?

ヨガはゆったりと呼吸をしながら、

身体を動かしながらストレッチをしながら、

ポーズをとっていきます。

このゆるーいストレッチを伴う動きですが、

実は、普段使わない筋肉を使うのです。

運動をしない人が普段使う筋肉といえば、

歩く

止まる

手を上げ下げする

足を上げ下げする

起き上がる

横になる

などです。

家事や日常生活など運動では

筋肉を使う範囲が限られているのです。

肩こりがひどくなったのではなくて、

ヨガのポーズをとることで、普段使わない筋肉が使われたので、

筋肉が目覚め始めたのでしょう。

もちろんヨガクラスでは

自分がとりにくいポーズをする必要はありません。

日本人はついついクラスについていくために無理なポーズをとりがちですが、

香港のヨガクラスでは、無理なポーズは無理と諦めていました。

初めて間もない人と、数年続けている人で

身体の軟からさが違うのは当たり前ですよね?

話は戻りますが、この使わない筋肉のままにしておくと、

体力の衰えに結びついたり、身体が突然つったりしやすくなります。

筋肉を使わない生活を続けていると

贅肉がつきやすい身体になったりします。

普段、使わない筋肉を使うようになることで

筋肉量があがったり、基礎代謝があげることも可能なんです。

ヨガを始めるときは、必ず自分のペースでできるヨガクラスを選びましょう。

ヨガを始める前に、

「あなたがヨガを通して何を学びたいのか?」

を伝えて、それを受け止めてくれる先生が一番ふさわしいです。

ヨガはあなたが理想のあなたに変身できるツールなんです。

呼吸法でしっかりとあなたの心を整えて、

自分のリズムで習慣化できるヨガにすることが何よりも大事です。

ヨガってすごく深い考え方が含まれているのです。

どうぞ、自分のペースに合わせたクラスを選んでください。

ヨガの本当に伝えたい魅力をメルマガ講座でお伝えしています。